photos

Afghan Independence Day: History and Significance

Afghanistan has one of the longest periods of continuous independence of any modern nation in the world. This independence even pre-dates the name Afghanistan, which previously was known as Khorasan (roughly translated to mean the ‘land of the sun’s origin.’)

Despite this ages old history, the people and government of Afghanistan have historically commemorated our independence on August 19, 1919. This significant date marks the end of a period of English aggression against our kingdom through the signing of the Anglo-Afghan Treaty on that day. Although some territory was unjustly seized, Afghanistan was never completely subdued like regional neighbors. This determination and resilience, that has become a hallmark of our nation in the century to follow, is thus celebrated in August every year. This year, due to a leap year, it falls on August 18th.

Our independence day also uniquely reflects the strong, heartfelt bond that Afghans possess towards Japan. A commonly-held mistaken belief amongst Afghans is that Japan also celebrates its independence day on August 19th. While knowledge of Japan’s true date is becoming more widespread, the closeness felt towards Japan is only increasing daily in Afghanistan.

Special coverage of Afghan National Day is available on The Japan Times newspaper's August 18, 2016 issue. [Click to view] (Copy right: The Japan Times.)

national day 2016

アフガン独立記念日 ~歴史と意義~

アフガニスタンは世界の近代的国家の中でも、すぐれて継続して長く独立を保っている国です。アフガニスタンという国名が付く前、ホラサン(現地語でおおよそ「日の出処」の意)と呼ばれていたかつてから、独立を保っていたともいえます。

このように独立的な古い歴史を有するにも関わらず、アフガニスタンの国民と政府は歴史的に1919年8月19日の独立を祝ってきました。この日はアングロ・アフガン条約が署名されたことにより、イギリスのアフガン王国に対する支配が終わった象徴的な日だからです。いくつかの土地は不正に占領されたままですが、アフガニスタンは地域の諸国のように完全に他国に支配されたことはありません。この信念と強靭さはその後の何世紀に渡り、アフガニスタンを国家として特徴づけるものであり、毎年8月のこの日に祝われます。今年はうるう年のため、18日となっています。

アフガニスタンにとって独立記念日は、強く心にふれる日本への絆を反映しています。よくアフガニスタンでは、日本も8月19日が独立記念日となぜか思われています。この勘違いが徐々に解消されるにつれ、ますますアフガニスタン人は日本を身近に感じるようになっています。

ジャパン・タイムズ紙8月18日(木)号では、アフガニスタン独立記念日特集が掲載されています。[クリックして見る](著作権:ジャパン・タイムズ社)どうぞご覧ください。