二国間関係の回復と新大使館の開設

タリバン政権の崩壊、続くボン合意によって、ハミド・カルザイ議長の下アフガニスタン暫定行政機構が設立した。これに伴い日本との間に正式な国交が回復した。2002 年11 月27 日、在インド、ニューデリーアフガニスタン大使館のモハマド・ヌール・アクバリー氏が在東京アフガニスタン大使館、臨時代理大使に任命され着任した。1978 年以来、外交関係全般を築く、新しい時代の指標として2002 年12 月16 日、新大使館が正式に開設した。

ハミド・カルザイ議長は2002 年1 月に東京で行われたアフガニスタンン復興支援会議に出席しており、2002 年11 月には、アブドラ外相も日本を訪れた。さらに、2003 年1 月20 日から23 日には日本政府主催でDDR (元兵士の武装解除・動員解除・社会復帰)会議が開催され、ハミド・カルザイ大統領が参加した。