鈴鹿光次駐アフガニスタン特命全権大使との昼食会議


IMG_0568

2019年7月31日: 鈴鹿光次駐アフガニスタン特命全権大使と昼食会議をする事が出来た事は、モハバット駐日アフガニスタン大使にとって名誉と誇りでした。

バシール・モハバット駐日アフガニスタン大使は、再びお会いし、重要な問題について議論する機会である昼食会議のために忙しいスケジュールの中から時間を割いて頂いた鈴鹿駐アフガニスタン特命全権大使に対して、感謝の意を表しました。そのお返しに、鈴鹿駐アフガニスタン特命全権大使は、再びお会いし、それぞれの任務に対する重要な話題について議論することが出来た機会に対して感謝の意を述べました。アフガニスタン・イスラム共和国の人々と政府を代表して、モハバット駐日アフガニスタン大使は、鈴鹿駐アフガニスタン特命全権大使に対して日本とアフガニスタンのとても長い友好関係に感謝し、日本による確固とし、善意のある支援、そしてアフガニスタンが所有し、アフガニスタンが主導したプロセスで更なる平和と繁栄を目指して努力している間、再建の進行を通して、アフガニスタンを支持してきた日本による支援に心から感謝の意を述べました。

そのお返しに、鈴鹿駐アフガニスタン特命全権大使は、思いやりのある言葉で感謝の言葉を述べ、その発展においてアフガニスタンに対する日本の継続的な支援を想定しました。モハバット駐日アフガニスタン大使は、平和構築とこれから行われる大統領選挙につながる最近の進展について鈴鹿駐アフガニスタン特命全権大使に知らせました。鈴鹿駐アフガニスタン特命全権大使は簡潔な報告全てに対して感謝の意を表し、アフガニスタンが所有し、アフガニスタンが主導した平和へのプロセスにおける最新の手段と発展に大いに感慨をうけ、関心を示しました。更に、彼は、民主的な選挙の継続を保証するというこれらの努力を通じてモハマッド・アシュラフ・ガニ大統領の素晴らしい主導権とリーダーシップについて述べました。鈴鹿駐アフガニスタン特命全権大使は、また、国民と日本政府が平和プロセスにおいて将来にわたってもアフガニスタンの人々を全面的に支援し、支持することを約束しました。 彼らはさらに、日本とアフガニスタン間のお互いに関心のある全ての話題について議論しました。