English | 日本語

アフガニスタン軍が700人以上の村人を治療

2007年12月12日バグラム空軍基地(米国政府)

アフガニスタン軍および同盟軍が、カンダハール州における12月7日―8日の「医療の手を差し伸べる作戦」で、700人以上のアフガニスタン人の村人を治療した。

アフガニスタン軍はArghandabで村に医療の手を差し伸べる活動を行い、何百人もの男女、子供達を治療した。

「この医療作戦は圧倒的な成功であった。」とアフガニスタン陸軍の兵士が語った。「我々はアフガニスタン人の苦悩を限定するために努力している。」

多くの少年少女が治療を受けにやってきたが、助けを求めて多くの女性もやってきたことに主催者たちは驚いた。歴史的に、この地域では女性はほとんど「医療の手を差し伸べる活動」にやってきたことはなかった。

「Shah Wali Kotにおける同じような作戦とは異なり、治療を受けた女性と男性の比率は1対1であった。それによってArghandabの状況を女性の観点からもっとよく評価する機会がチームに与えられた。」と同盟軍の兵士が説明した。

アフガニスタン軍兵士、アフガニスタン国家警察長官、そして地区長が、米、豆、小麦粉、食料油、塩、チャイ、靴及び冬物衣類を含む2トン以上の人道救援物資を配った。

アフガニスタン市民はアフガニスタン軍の衛生兵に治療を受けている間、その喜びを表した。「無料で治療を受け、食料をもらい、どんなに幸せか、どう話せばよいかわからない。」とある村の長老が語った。「私は貧乏で、市場でこれらの品を買うことができない。カンダハールの人のほとんどが私と同じだ。」

アフガニスタン民間人のニーズに応える一方、この地域の反乱軍の活動のために、同国の治安部隊は常に治安に目を配っている。「アフガニスタン軍および警察と密接に協力してあらゆる治安対策を確かに実施することによって、これを最小限に抑え込んでいる。」と同盟軍の兵士が語った。

この作戦のアフガニスタン人司令官は、アフガニスタンの村人を助けることがいかに彼にとり意義あることかを語った。

「地元に診療所があっても、いつも十分な薬があるわけではない。」と彼は語った。「この地域の人のほとんどは、このレベルの治療を受けたことがなかったのだから、この種のサービスを地元の人たちにできて嬉しい。」