English | 日本語

NATO事務総長、日本にアフガニスタンの努力を支援するように要請

2007年12月13日東京(AFP)

木曜日にNATO事務総長がアフガニスタン国内の反乱を鎮圧しようという努力を支援するように、この平和主義国家がいかに世界の安全に貢献すべきかという激しい議論の真っ最中に要請した。

NATO事務総長Jaap de Hoop Schefferは北大西洋条約機構と世界で2番目の大きさの経済国、日本の間のより緊密な関係を要請した。

日本の首相福田康夫氏は事務総長に対し会談の中で、政府がアフガニスタン国内の米国主導の作戦を支援するための、インド洋における燃料補給海上作戦を再開する法案を通過させるべく手を尽くしていると語った。

日本の声明によれば、「我々はこの作戦の早期再開のため新法を成立させるべくあらゆる努力を行っている。」と福田首相は語った。

作戦の再開の先立つ要請の後、「NATO加盟国に対する日本の燃料補給支援には深く感謝している。」とScheffer総長は答えた。

「日本が政治的な意味合いにおいて、アフガニスタンでの実際行動に参加する可能性の限界に達していないことを希望する。」とScheffer総長はこれに先立つスピーチで語った。

福田政権は、参議院を支配する野党が、作戦の法的根拠となる法律の延長を支持することを拒否した後、先月艦船を帰国させた。

野党は、公式に平和主義国家である日本は国連の安全保障理事会の承認を得ていない「米国の戦争」に加わるべきではないと主張している。

その代り、野党党首である小沢一郎氏は、日本が国連に支持された、アフガニスタン国内のNATOの平和維持部隊である国際治安支援部隊(ISAF)に参加できると語った。

Scheffer総長は、「日本がアフガニスタンで国連の旗の下で、又ISAFの旗の下でもっと何ができるかについての」議論を見守りたいと語った。

主としてNATO主導の平和維持部隊の下で活動している5万人以上の国際部隊が、アフガニスタン政府の復活したタリバン原理主義者との戦いを支援している。

しかし、NATO事務総長は、日本が公式な平和主義からどの程度離れるかについて慎重であることを理解するとも語った。

「これらがデリケートな国家問題であることを、我々は明確にする。これらは日本だけが解決すべきことである。」と彼はスピーチで述べた。

日本は戦争を行う権利を永久に放棄すると日本の憲法は規定する。

日本はイラクに復興作戦のために部隊を派遣したが、その部隊は同盟国の兵士によって守られ、1発の銃弾も発射することなく昨年帰還した。

NATO事務総長は3日間の訪問の一部として、後日木曜日に石波茂国防大臣及び高村正彦外務大臣とも個別に会談する予定になっている。

スピーチの中で、Scheffer総長は日本とNATOのより強固な関係が必要であることを強調した。

「この21世紀に、NATOは日本のような国にとってより一層重要になってきている。」と彼は語った。「我々は基本的に同じ普遍的な価値を守っているからである。」

「私はNATOの事務総長として、NATOの全加盟国26カ国がすべての国民の安全のために日本とNATOの関係強化を強く望んでいることを保証する。」と彼は語った。

福田氏の前任者安倍晋三氏は1月にNATO本部を訪問した際に、NATOの平和維持活動にもっと広く参加すると約束した。

しかし、安倍氏は多くの国内スキャンダルと参院選敗北の後、9月に辞任した。