English | 日本語

Pakhto

2007年12月15日ジャララバード(Pajhwok Afghan News)

ナンガハール大学が偉大なPakhto詩人で作家であるAmir Hamza Khan Shinwariの100周年を祝う文化セミナーを当地で土曜日に主催した。

大学の後援者Attaullah Shinwari博士はPajhwok Afghan Newsに対し、何百人もの詩人、作家及び文学指導者たちが東部諸州とカブール以外からもアフガニスタン中からこの1日セミナーに参加したと語った。

学者たちがPakhto"Ghazl"の父として知られるHamza Babaの生涯と作品についての研究を発表した。

冒頭で、ハミド・カルザイ・大統領、情報文化大臣、国境部族問題大臣のメッセージが読み上げられた。

Shinwari博士はナンガハール州知事Gul Agha Sherzoiにこのセミナーの準備に協力してもらったことを感謝し、Hamza BabaがPakhto語に現代的な"ghazl"を取り入れたと語った。

Ustad Fazle Wali Nagarが「現代ghazlとHamza」と題する論文を発表し、Ustad Babrak MiankhelがPakhto文学におけるAmir Hamza Khan Shiwariの位置に関する論文を発表した。

Utad Lal Bacha AmunはHamza Babaの詩の単独性について講演した。Mohammad Ibrahim HamkarはHamza Babaの伝統的な詩についての論文を発表した。

同様にして、Nabi Salahi、Rahmatullah Rahmat、Abdul Qayum Mashwai、そしてUtad Rehmatがこの偉大なPakhtu文学の輝く偉人の生涯と作品についての様々な面に光を当てた論文を発表した。

Babaは1907年にLandi KotalのKhazakhela村に生まれ、1993年2月に亡くなった。