English | 日本語

武器貯蔵庫をアフガニスタン北部で摘発

2007年12月16日(Xinhua)

アフガニスタン国家治安部隊(ANSF)は米国主導の同盟国軍部隊の支援のもと、2か所の武器貯蔵庫をアフガニスタン北部のナンガハール州で通常の治安パトロール中に摘発したと、同盟国軍が日曜日に声明で発表した。

声明によれば、ANSFは担当地域に弾薬庫があるという信頼できる情報を得て、この作戦を12月14日に実行した。

Rodat地区のRagham村で、「ANSFは疑われた場所を特定して捜索し、約70発の85ミリ無反動ライフル弾を発見押収した。」と声明は述べた。

別の出来事として、同盟国軍は多数のロケット発射の手投げ弾、82ミリ迫撃弾、85ミリ無反動ライフル弾を、Achin地区のDesarak村で押収したと、声明は付け加えた。

アフガニスタン市民が武器貯蔵庫の発見、押収に役立った時は、小額報奨金制度を通じて報奨金を受け取ると、声明は述べた。

「アフガニスタン市民は自分たちの村の治安と安定を改善することに、積極的な役割を果たしている。彼らは弾薬貯蔵この摘発に協力している。」と同盟国軍のスポークスマンChris Belcherは語った。