English | 日本語

アフガニスタンと日本の第2回開発政策対話会議

2007年2月7日カブール(アフガニスタン外務省)

アフガニスタン外務省は、本日第2回日本アフガニスタン開発政策対話を主催した。

在カブール日本大使館次席有吉勝英氏と、アフガニスタン外務省のダブード・モラディアン博士が共同議長を勤め、駐アフガニスタン日本大使小菅淳一氏が加わった。

アフガニスタン政府の関係各省の次官達も同席した。またJICAアフガニスタン事務所代表および両国当局者達もこの会議に出席した。

会議の焦点は、過去に日本が行ったアフガニスタンへの支援の効果について、また今後の日本からの支援の効率性を高め得る戦略および方法についてであった。会議はDIAG、予算執行の向上、地方復興、農業、公衆衛生、インフラ、教育その他様々な問題を取り上げた。

両国とも今回の第2回会議の成功を評価し、年内に第3回目の会議を開催することに合意した。開発政策対話は、日本とアフガニスタンで年2回開催され、包括的な開発政策作成に向けて影響力を発揮することが期待されている。