English | 日本語

地域発展のための開発促進

現在、サレポル州では84の福祉事業が進行中である。本計画では、3つの診療所、社会施設、灌漑用のダム、井戸、水路、水供給設備の建設と11の学校を開校することを見込んでいる。これにより、ソズマ、カラ、サイェード地域の13000家庭が恩恵を得ると期待される。クイッシュ・タパ地域では、5000もの家庭が電気へのアクセスを手にするだろう。

へラート州のアデルセカン地域では今月、長さ5メートルの橋が建設され、同地域の住民100人以上が他地域へ移動することを可能にした。

ゴール州ドーレナ地域では10メートルの橋が開通し、また、バグラ―ン州プルエコムリ地域では灌漑用のダムが設けられた。