English | 日本語

カルザイ大統領、世界の象徴である故ネスソン・マンデラ氏へ哀悼

カルザイ大統領は今月初め、南アフリカ共和国の初の黒人大統領で、反アパルトヘイト活動家のネルソン・マンデラ氏の逝去に対し、「この時代の人間の尊厳、平等、自由の象徴であり、アパルトヘイトに苦しむ黒人の南アフリカ人のためだけでなく、我々人類の尊厳のために身を削って戦ってきた、ネルソン・マンデラ氏が亡くなりました。歴史は彼の存在を忘れることはないでしょう。彼は、それほどに偉大な人物でした。」と述べ、哀悼の意を示した。

カルザイ大統領は、各国の首脳と共に南アフリカ共和国へ渡り、12月10日に開かれた追悼式に参加した。

アフガニスタン政府は、マンデラ氏が強くその保護をすすめてきた、人権や民主主義、平等の理念を以って、自由で平等な国家の建設を目指していく。