English | 日本語

バーミヤンの農業システ� を機械化

2006年11月19日 バーミヤン市(パジワク・アフガン・ニュース)

バーミヤン中部州の州知事は、州内の農業システ� を機械化することにより、1エーカー当たりの収穫量の増� を促すであろうと、日曜日に語った。

これに関する式典での挨拶で、バーミヤン州知事ハビバ・サラビ博士は「農業システ� が機械化され、農民はより多くの農作物の生産が可能となるであろう。」と語った。

州政府の農業当局によると、このプロジェクトの礎石が4.5エーカーの土地に置かれた。戦争で疲弊したこの国での、農業システ� 開発計画に、イランが123,000ドルの資金を提供した。

バーミヤン州農業局長モハマド・タヒル・アタイエ技師は、「このプロジェクトは、伝統的な農業システ� を近代的な機械化方式に転換する一助となるであろう。」と語った。

「イランはまもなく活動を開始する、4つの農業協同組合の設立に関しても支援した。」とアタイエは語り、また「イランは、各組合にそれぞれ4台のトラクターを寄付した。」と述べた。� ルタザ・シェルター・カンパニー(Murtaza Shelter Company)社長のグラ� ・フシアン・ファキルザダ技師は、この新プロジェクトは来年の春までに完成するであろうと語った。