English | 日本語

医療機器が西部諸州に寄贈される

2007年12月3日(Pajhwok Afghan News)

国連児童基金(UNICEF)が、月曜日に20万ドル相当の医療機器をアフガニスタンの西部4州に寄贈した。

ヘラートの保健局長Waheed博士はPajhwok Afghan Newsに対し、ヘラート、ゴール、ファラー、バドギスの各州保健局に冷蔵庫28台、ワクチン用の冷蔵ボックス4千個、そして同数の密封袋を含む機器が提供されたと語った。

同保健局のスポークスマンMuhammad Rafiq Sherzaiは、寄贈された機器により医療チームが遠くの地区に出向くときにワクチンの温度を適正に保つことができるようになると語った。

いっぽう、ネムローズの税務局の建物が国際的な水準に合うように建設され、近代的な設備を備えた。税務局長のMuhammad Hashimは建物の建設費は20万ドルで州政府が負担したと語った。

その他には、バルフ地区に駐留している米軍の支援によって学校が1校建設された。教育局長Muhammad Zahir Pinhanは、この学校は2千人の生徒の需要に応えるため、19万5千ドルの費用をかけ6ヶ月で建設されたと語った。