English | 日本語

麻生太郎外務大臣とマソーム・スタネクザイ氏、アフガニスタン大統領顧問の会談

2007年2月15日東京(日本政府)

外務大臣麻生太郎氏は、日本訪問中のアフガニスタン大統領顧問マソ-ム・スタネクザイ氏と約30分間会談した。会談の要旨は以下の通りである。

1. 外務大臣麻生氏:

  1. DDR(元武装兵士の武装解除、復員、社会復帰)の成功をもたらしたスタネクザイ氏の努力を歓迎する。日本とアフガニスタンの関係が、例えばアフガニスタン外相ランギーン・ダードファル・スパンタ氏や、ハミド・カルザイ、アフガニスタン大統領、また日本サイドでは、外務大臣政務官関口昌一氏(首相特使)等の相互訪問を通じて、より緊密になっている事実をうれしく思う。

  2. 治安情勢については、冬が始まる頃安定する傾向にあるものの、依然不安定な状態が続いていると理解している。日本は、タリバンに勝利するにはパキスタンの協力が不可欠であると認識しているため、パキスタンに働きかけている。

2. アフガニスタン大統領顧問スタネクザイ氏:

  1. DDRおよび非合法武装グループの解体(DIAG)を含む国家建設の努力に対し、これまでの日本の支援供与について、アフガニスタンの政府と国民に代わり感謝の意を表したい。アフガニスタンの再建は2002年1月の東京会議で始まったものであり、日本の強力な率先を高く評価している。

  2. 治安がアフガニスタン政府にとっての最優先課題であり、国軍と警察が治安組織を再建すべく努力を続けているものの、日本が主導したDDRの成功なしには、それらを再建することはできなかったであろう。

  3. 今日、国際社会はアフガニスタン安定のためには、パキスタンの協力が不可欠であるとの認識を共有しており、パキスタンへの圧力を高めつつある。日本がパキスタンに働きかけていることに深く感謝している。

  4. アフガニスタンは重要な貿易ルートに位置しており、近隣諸国との地域経済協力が国の経済発展のために重要である。日本の地域経済協力に対する貢献に感謝する。